通販物流サービスの歴史

通販を賢く利用しよう

通販物流サービスの歴史

通販物流サービスの歴史 通販物流は、ネットショップや通販サイトに関わる物流業務全般を指すものです。
必要とされる業務は、入庫、検品、梱包、発送などで注文を受けることですみやかにお客さまへ商品を届けられる仕組みです。
現在ではこれらをアウトソーシングすることでコストを下げることができます。

歴史的に見れば郵便制度が確立した19世紀末に通販が登場しましたが、日本では20世紀に入り出版や百貨店を中心として普及し発展してきました。
1970年代にはテレビショッピングやラジオショッピングが本格化してさまざまな商品を手に入れることができるようになります。
ただこの頃は限られた商品が中心でしたが、劇的に増える1980年代に入ると多くの商品を手軽に購入できるようになり流通量も増えます。
この頃には宅配業も盛んになり全国津々浦々まで商品を迅速に届けられる仕組みが整い商品点数も増えていきます。
商品点数が増えるとそれらを効率的に捌くシステムが必要となり通販物流サービスが倉庫業を中心に提供されるようになり現在に至ります。

ネット通販が物流サービスに与えた影響とは

ネット通販が物流サービスに与えた影響とは 大手通販サービスによる送料の無料化が定着した結果、低価格の商品のみをこまめに、必要な時に応じて注文するようになり物流業者側の扱う荷物の数量に大きな影響が与えられました。
それは業界のショックといっても過言ではなく、過負荷に陥った物流を請け負う業者は大口の料金設定を見直しましたが、その決定は顧客の支持が厚かったことから不満の声が上がることなく、結果従業員の給料の引き上げへと結びつきました。
続いて通販サービスはドローンという新しい配達形態でもって、物流業者にまた別の切り口での問いかけを投げかけています。
ラストワンマイル(約1.5km)という短い距離での配達を自動化していく展望はいずれ、ドローン自体の性能の向上により現実化していくものと言われていますが、セキュリティや飛行距離、配達の確実性が現段階での課題となっています。
今や老いも若きもネット通販で商品を購入する時代となりましたが、年々増していく荷物と配達に掛かる労力はテクノロジーとAIの進歩により自動化され、最終的には人の手が掛からなくなると言われています。